スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ : スポンサー広告
--------(--)

タコのさばき方がわからない方でも安心!スライスされた冷凍たこ! 

タコは美味しいですが、さばき方を知らない人って結構いますよね。

しかし、このスライスされたタコなら冷凍されているので日持ちがよく
解凍するだけで簡単に食べることが出来ますよ。

タコは美味しいですから、お好きな方も多いですよね。

しかし、一切れが大きいと、食べるのが少し大変ですよね?

噛み切れなかったり、喉につまってしまったりして、
あまり気持ちの良いものではありません。


食べやすくスライスされたタコなら、そのようなことはありませんね。

また、水揚げされたばかりの鮮度抜群な大タコをプロの方が茹で上げ、
そして丁寧にスライスしています。

スライスされていても、味やプリっとした歯ごたえはそのままです。

便利なレシピもついておりますので
どなたでも簡単においしいタコを召し上がることができますよ。


お年寄りの方やお子様でも食べやすいと大好評なんですよ。

また、解凍方法も簡単で、冷蔵庫に2時間ほど入れておくだけです。

短時間で解凍したいときでも、流水につけておくだけなのでとても簡単ですよ。

半解凍のままたこしゃぶなどで食べるのも格別ですね。



スポンサーサイト
カテゴリ : タコ最新情報
2010-08-27(Fri) | トラックバック : 0 | コメント : 10

たこの酢の物やたこのマリネが簡単に作れる八戸の大タコ薄切りスライス 

たこの酢の物やたこのマリネが簡単に作れる八戸の大タコ薄切りスライス
ご存知ですか?

タコは様々な料理に合う食材ですよね。

酢の物やマリネなどさっぱりしたものから
揚げ物などのこってりしたものにまで、どんなものにも変身します。


特にこのタコは、すでに薄くスライスされているので、
下ごしらえの必要がなく便利です!

青森県の八戸市で水揚げされたタコは、
周りの環境もあってとても大きなものとなっています。

大きいものは10kg、足1本だけでも1kgになります。

驚きの大きさですが、食べやすさを考えるとちょっと食べにくいし、
だからといって切ったりするのも大変ですよね?

その必要が無いように、丁寧にスライスされています。

しかも、職人の手でスライスしているので、薄くなっても味はもちろん、
ぷりぷりの歯ごたえもそのままです。

届いた時にはすでにスライスされていますので、
そのまま料理の材料としてもお使い頂けます。


そして、スライスされたタコを小分けにしてパッケージにしていますので、
一気に解凍してしまい、余りすぎて困る、ということがありません。

食べたい分だけ取り出して、あとは冷凍庫で保存すればOKです。

便利でおいしい冷凍の大タコスライスを料理のおともにどうぞ♪


ちなみに、タコはタウリンが豊富ですので、コレステロールを低下させ、
肝機能の強化や疲労回復に効果があります。

美肌効果もあるコラーゲンも含まれています。

体に良く、どんな料理にも合うタコでおいしく健康になれますね。



カテゴリ : タコ最新情報
2010-08-26(Thu) | トラックバック : 0 | コメント : 0

タコのスライスを使ったタコのサラダとタコの酢の物! 

スライスされたタコはタコのサラダやタコの酢の物などに
すぐに使う事が出来て便利ですね。

さらに、タコは高タンパク質低カロリーで美容に優しい食材です。

タコは、一昔前までは、コレステロール値を上げる食材だといわれてきましたが、
現在では、コレステロールのみならず、血糖値も下げたり、
肝機能や心臓の機能も強力にするという効果も証明されています。


そこで今回は、さっぱりと食べることができる、
タコのサラダと酢の物を作り方を簡単に説明します。

まずタコのサラダは、シャキシャキッとした大根を千切りにしたものや
さっぱりとした甘味のトマトと一緒につくるとよいですね。

ドレッシングは醤油をメインに、酢、ゴマ油などを使い
さっぱりとしたソースと相性がいいですよ。

また、タコの酢の物といえば、やはりタコときゅうりですね。
それにしょうがやわかめも加えることでさらにさっぱりとなります。

醤油、砂糖、塩、酢で作ったたれが合います。

こちらは、タレの材料がサラダと同じようでも、酢を多めにいれると、
更にさっぱりとして食べやすいですよ。


タコはやわらかいので、薄切りにするのが大変なんですよね。

経験した事のある方なら分かると思います。

そんな手間を省くように、もうすでにタコが薄切りの状態
売られているものがあるんです。

しかも、冷凍されているため解凍するだけで簡単に食べられるとあって、
手間がいらずに非常に便利ですよ。



カテゴリ : タコ最新情報
2010-08-24(Tue) | トラックバック : 0 | コメント : 0

タコのキムチやタコのカルパッチョのレシピは絶品!タコ料理レシピ! 

タコはキムチやカルパッチョに出来たりと、レシピが豊富ですよね。

そこで今回は、簡単に出来る美味しいタコの料理レシピを勉強しました!


それでは、簡単にレシピについて説明していきます。

初めは、タコキムチのレシピです。

タコキムチは、本当に簡単に作ることができます。

まず、タコと一緒に混ぜるきゅうりを一口大に切っていきます。

そして、市販の白菜キムチに切ったタコときゅうりを混ぜ合わせます。
おこのみで、ごまやゴマ油を入れるとさらに美味しくなります。

これだけで、いつもとは違うキムチを味わうことができますね。


次は、タコのカルパッチョのレシピです。

まず、タコを薄切りにします。
そのほかにも、玉ねぎを薄切りにしたものや、パプリカやニンジン・ネギ等を
みじん切りにしたもの、トマトの角切り等を加えても美味しくできます。

これらは、お好みで野菜を変えるなどアレンジが可能ですね。

さらに、ソースはバルサミコ酢やオリーブオイル、塩、コショウなどでつくり
お好みでごまやレモン等も加えると良いでしょう。

最初に切り終えた食材にソースをかけ、食べる前に10分ほど冷やして完成です。


これで、お家でもお店のような美味しい料理が一品できますね。

さらに、お酒にも合いますし、タコに含まれるタウリンが
肝機能を助けてくれるので至れり尽くせりですね。

これからも、料理の勉強をしていき美味しい一品が
作れるようになりたいものです。



カテゴリ : タコ最新情報
2010-08-23(Mon) | トラックバック : 0 | コメント : 0

たこめしを作るなら旬のタコを使うのが一番!八戸でしか手に入らない極上のタコとは? 

たこの旬は、夏としていることが多いです。

たこは、たこめしやタコ焼きなど美味しい食べ方がいっぱいですね。

たこは、魚のように脂ののる時期がないので
はっきりとした旬がありません。

なので、多く漁獲される時期が夏なので、旬を夏をしていますが
1年を通して獲れる食材です。

1年中いつでも食べられる食材ですが、
他の地域では味わえないタコがあります


青森県八戸沖は、たこの水揚げが全国でもトップクラスの漁場です。

たくさん水揚げされたたこの中でも、10kgを越える極太で大きなものが
スライスされています。

新鮮なまま冷凍されているので、1年中いつでも美味しく新鮮なタコを
味わうことができるのですね。


プリっとした弾力、でも柔らかな歯ごたえ、

噛めば噛むほどうまみが広がる濃厚な甘みは、
八戸で獲れたタコでしか味わえない極上の名品です。

もちろん、こりっとした吸盤の歯ごたえと舌触りも楽しむことができます。


タコは、酢の物やたこめしなどの和食から、キムチなどの洋食まで、
いろいろな場面で活躍できますね。

しかも季節を問わず手に入りますので、
各季節の旬のものと合わせて調理するとまた違う味わいになるかもしれません。

季節や気分に合わせた料理にご活用ください♪


カテゴリ : タコ最新情報
2010-08-20(Fri) | トラックバック : 0 | コメント : 0

美味しいたこ焼きもいいですが、たこライスとタコ飯の違いは? 

タコを使った料理と言えば何を思い浮かべますか?

代表的なのはやっぱりたこ焼きですよね。

他にもたこライスやたこ飯など、たこを使った料理は増えてきました。


たこライスとたこ飯の違いをご存じでしたか?

同じ料理ではないかと思う方多いかと思います。

私もそう思っていました。

しかし調べてみると全く違う料理なのです。

たこ飯は、たこに味をつけ、たことお米を炊飯器に入れ、一緒に炊きます。

たこライスはレタスやトマトなど夏の野菜を使用し、
またチーズやサルサソースなど何となく日本っぽくない材料も使用します。

そして極めつけは…たこを使用しないのです。

沖縄料理らしいですが、たこライスというのはタコスのタコから付いた
名前のようですね。

でもたこを使用してもおいしそうですよね。

とにかく、たこ飯もたこライスもおいしそうです。


たこ料理をおいしく作るにはやはり、新鮮でおいしくないたこは
使いたくないですよね。

この大タコ薄切りスライスは写真を見ただけでも
新鮮な様子が伝わってきますね。

ぜひいかがでしょうか?



カテゴリ : タコ最新情報
2010-08-18(Wed) | トラックバック : 0 | コメント : 0

タコのカルパッチョ・タコのマリネは食欲がない時に最適! 

タコのカルパッチョやタコのマリネはさっぱりとして美味しいですね。

具合が悪くなったり、前の日に食べ過ぎたり、飲み過ぎたりして
食欲がなくった時にも最適ですね。

食欲がなくても、体を動かすためには食べないと力がでませんよね?
そこで、今回は簡単に作れてさっぱりと食べれるタコのレシピを紹介します。


まずは、タコのカルパッチョ。
材料は、主役のタコと夏野菜をメインに使います。

タコは薄切りに、その他、お好みの夏野菜も食べやすい大きさに切ります。
玉ねぎを薄切りにしたものや、トマトを一口大に切ったものをメインに
さっぱりとした野菜がお薦めです!

そして、味の決め手となるソースはバルサミコ酢やオリーブオイル、
塩、コショウ、醤油などを混ぜ合わせお好みの味でつくります。

食べる前に冷やしてから食べると、更に美味しく召し上がれると思います。


次に、紹介するのはタコのマリネです。

まず、タコを一口大にきります。

つぎに、タコに和えるソースを作ります。
ソースは、オリーブオイル、塩、コショウ、わさび、お酢を混ぜ合わせ
事前に作って置きます。
お好みで、白ワインやレモン、にんにく等を入れ
自分に合ったソース作りをしましょう。

また、タコだけではなく、スライスしたきゅうりや玉ねぎも一緒に
ソースに漬け込むことでいろどりも鮮やかになりますね。

切った材料とソースを混ぜ合わせ、冷蔵庫で30分~1時間漬け込みます。
食べる前に角切りに切ったトマトを加えて完成です。


暑いと黙っているだけでも汗が出てきてしまい、
動く事でさらに汗が出ると考えると、さらに動きたくなくなりますね。

暑い中でも、さっぱりと美味しくいただけるタコの料理で
夏を乗り切りましょう!



カテゴリ : タコ最新情報
2010-08-16(Mon) | トラックバック : 0 | コメント : 0

銀だこのたこ焼きの様な美味しいたこやきを作るマル秘裏技! 

たこといったらたこやき。

たこ焼きといったら銀だこ。

こんな連想をするのは私だけでしょうか?

きっと、何人かはこんな連想をしたことでしょう。


たこ焼きといえば、やっぱり外はサクッと中はトロ~とした食感が
たまりませんよね。

しかし、家で作るとプロが作ったようにはなかなかうまくいきません。


実は、プロのようなたこ焼きを家で作るこつがあったのです。

それは、たこ焼きの中に空洞を作ることです。。

某テレビ番組で、プロと素人とのタコ焼きの違いを検証していました。

そこでは、水の入った水槽の中にたこ焼きを入れる実験をしていまた。

すると、プロが作ったたこ焼きは水に浮いたのに対し、
素人が作ったたこ焼きは沈んだのです。

さらに実験を進めることで、たこ焼きの中に空洞を作ることにより、
中がふわっと仕上がり、たこ焼きが冷えにくいということも証明されました。

空洞があるかどうかで、これだけ差が出てきます。

ちなみに、空洞を作る方法は、たこ焼きをひっくり返す際に
形を丸く整えようとしてこまめに何回も動かすのではなく、
2段階に分けてひっくり返すことだそうです。

そうすることで、空洞が上手くできるそうです。


たこ焼きは、ホームパーティーでもよく扱われる食べ物です。

みんなで、焼く際にプロのような美味しいたこ焼きが出来たら最高ですね。

もしも、この情報を知らない人がまわりにいたらぜひ教えてあげましょう。

そして、みんなで楽しく美味しいたこ焼きが焼けるようになるといいですね。



カテゴリ : タコ最新情報
2010-08-12(Thu) | トラックバック : 0 | コメント : 0

たこの料理レシピ!たこのカルパッチョのレシピ公開! 

たこを使ったレシピといったらなにが思い浮かびますか?

やはり、有名なものといったらたこ焼きがありますが、
カルパッチョも美味しいですよね。

美味しさと見た目の両方が備わり、なおかつ簡単に作れる料理こそ
カルパッチョです。。


カルパッチョは1950年頃にイタリアで生まれたとされています。

画家のヴィットーレ・カルパッチョが由来とされていますが
定かではありません。

本来は、牛肉を薄切りにしたものにマヨネーズソースを網目状にかけたものを
カルパッチョと呼んでいました。

現在では、牛肉に限らず薄切りにした食材を皿の上に並べた料理に対して
つけられています。

呼び方としては、その食材の名前を先頭にして「○○のカルパッチョ」
というように呼ばれます。

ここで、簡単に作れるたこのカルパッチョのレシピを紹介します。

まず、ゆでたたこを薄切りにします。

そのほか、一緒に飾る食材を切ります。
玉ねぎの薄切りやトマトの角切り、
ニンジン・パプリカをみじん切りにしたもの等お好みで入れましょう!

最後に、ソースを作ります。
バルサミコ酢、オリーブオイル、塩、コショウをお好みの量で加え、
切った食材にかければ完成です。

後は、食べる前に10分ほど冷やすとより一層美味しく食べれます。


カルパッチョに限らず、料理は目でも楽しむものだと思います。

料理を作る際は、味だけでなく見た目にもこだわり
美味しく作ることができれば、食卓も華やかになることでしょう!

カルパッチョがすぐにでも作りたい方は、
すでに茹でて薄切りにスライスされたタコが使いやすくていいですよ。



カテゴリ : タコ最新情報
2010-08-11(Wed) | トラックバック : 0 | コメント : 0

タコ料理をする為のタコのゆで方・さばき方!タコを食べたい方必見! 

タコ料理をする際はタコのゆで方やさばき方を知っていないと大変ですね。

一般的に、スーパーで売られているタコはゆでてある物が一般的です。

滅多に、生のタコを調理する事はないと思いますが、
もし、生のタコが手に入った時の為にタコの調理方法を覚えましょう。


まず、一般的にタコは生のままでは食べにくいものです。
なぜなら、タコの表面にはぬめりがあり、食べにくいからです。

ですので、タコはぬめりを取りゆでたものを食べるのが一般的です。

そこで、まずは、タコをゆでる準備をします。

タコの頭に見える部分は実は内臓がつまっています。

その内臓を、袋状になっているものを靴下をひっくり返す要領で裏返して
包丁などで切り離し全て取り除きます。

次に、内臓を取り除いたタコを塩でもんでいきます。

手もみで約20分くらいもむとタコの表面のぬめりが取れます。

ぬめりがとれたら、後は沸騰したお湯へ入れ7・8分ゆでたら完成です。

タコのゆで方はタコの大きさにもよりますが、一般的にはタコ全体が
真っ赤になったら完成です。

また、タコのさばき方も知る必要があります。

食べ方により切り方も変わるのですが、多くはお刺身やタコしゃぶ
たこ焼きなどに使うのが一般的かと思われます。

刺身やタコしゃぶの場合はタコの皮や吸盤部分は切り取ります。

皮や吸盤は噛み切りにくいためです。

あとは、のこった足の白い身の部分を薄く切れば完成です。

タコ焼き用は小さく切るため皮や吸盤はそのままでも問題ありません。


これさえしっておけば、生のタコが手に入ったときでも迷うことなく
タコを調理することができますね。

しかし、説明したとおりタコの調理は意外と手間がかかります。

解凍するだけで簡単にタコの刺身が食べたいひとや
すぐにでもタコ料理に使えるものが欲しいという方は
こちらの大タコ薄切りスライスが使いやすく便利ですよ。



カテゴリ : タコ最新情報
2010-08-10(Tue) | トラックバック : 0 | コメント : 0
検索フォーム 
月別アーカイブ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。