スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ : スポンサー広告
--------(--)

銀だこのたこ焼きの様な美味しいたこやきを作るマル秘裏技! 

たこといったらたこやき。

たこ焼きといったら銀だこ。

こんな連想をするのは私だけでしょうか?

きっと、何人かはこんな連想をしたことでしょう。


たこ焼きといえば、やっぱり外はサクッと中はトロ~とした食感が
たまりませんよね。

しかし、家で作るとプロが作ったようにはなかなかうまくいきません。


実は、プロのようなたこ焼きを家で作るこつがあったのです。

それは、たこ焼きの中に空洞を作ることです。。

某テレビ番組で、プロと素人とのタコ焼きの違いを検証していました。

そこでは、水の入った水槽の中にたこ焼きを入れる実験をしていまた。

すると、プロが作ったたこ焼きは水に浮いたのに対し、
素人が作ったたこ焼きは沈んだのです。

さらに実験を進めることで、たこ焼きの中に空洞を作ることにより、
中がふわっと仕上がり、たこ焼きが冷えにくいということも証明されました。

空洞があるかどうかで、これだけ差が出てきます。

ちなみに、空洞を作る方法は、たこ焼きをひっくり返す際に
形を丸く整えようとしてこまめに何回も動かすのではなく、
2段階に分けてひっくり返すことだそうです。

そうすることで、空洞が上手くできるそうです。


たこ焼きは、ホームパーティーでもよく扱われる食べ物です。

みんなで、焼く際にプロのような美味しいたこ焼きが出来たら最高ですね。

もしも、この情報を知らない人がまわりにいたらぜひ教えてあげましょう。

そして、みんなで楽しく美味しいたこ焼きが焼けるようになるといいですね。



カテゴリ : タコ最新情報
2010-08-12(Thu) | トラックバック : 0 | コメント : 0

たこの料理レシピ!たこのカルパッチョのレシピ公開! 

たこを使ったレシピといったらなにが思い浮かびますか?

やはり、有名なものといったらたこ焼きがありますが、
カルパッチョも美味しいですよね。

美味しさと見た目の両方が備わり、なおかつ簡単に作れる料理こそ
カルパッチョです。。


カルパッチョは1950年頃にイタリアで生まれたとされています。

画家のヴィットーレ・カルパッチョが由来とされていますが
定かではありません。

本来は、牛肉を薄切りにしたものにマヨネーズソースを網目状にかけたものを
カルパッチョと呼んでいました。

現在では、牛肉に限らず薄切りにした食材を皿の上に並べた料理に対して
つけられています。

呼び方としては、その食材の名前を先頭にして「○○のカルパッチョ」
というように呼ばれます。

ここで、簡単に作れるたこのカルパッチョのレシピを紹介します。

まず、ゆでたたこを薄切りにします。

そのほか、一緒に飾る食材を切ります。
玉ねぎの薄切りやトマトの角切り、
ニンジン・パプリカをみじん切りにしたもの等お好みで入れましょう!

最後に、ソースを作ります。
バルサミコ酢、オリーブオイル、塩、コショウをお好みの量で加え、
切った食材にかければ完成です。

後は、食べる前に10分ほど冷やすとより一層美味しく食べれます。


カルパッチョに限らず、料理は目でも楽しむものだと思います。

料理を作る際は、味だけでなく見た目にもこだわり
美味しく作ることができれば、食卓も華やかになることでしょう!

カルパッチョがすぐにでも作りたい方は、
すでに茹でて薄切りにスライスされたタコが使いやすくていいですよ。



カテゴリ : タコ最新情報
2010-08-11(Wed) | トラックバック : 0 | コメント : 0

タコ料理をする為のタコのゆで方・さばき方!タコを食べたい方必見! 

タコ料理をする際はタコのゆで方やさばき方を知っていないと大変ですね。

一般的に、スーパーで売られているタコはゆでてある物が一般的です。

滅多に、生のタコを調理する事はないと思いますが、
もし、生のタコが手に入った時の為にタコの調理方法を覚えましょう。


まず、一般的にタコは生のままでは食べにくいものです。
なぜなら、タコの表面にはぬめりがあり、食べにくいからです。

ですので、タコはぬめりを取りゆでたものを食べるのが一般的です。

そこで、まずは、タコをゆでる準備をします。

タコの頭に見える部分は実は内臓がつまっています。

その内臓を、袋状になっているものを靴下をひっくり返す要領で裏返して
包丁などで切り離し全て取り除きます。

次に、内臓を取り除いたタコを塩でもんでいきます。

手もみで約20分くらいもむとタコの表面のぬめりが取れます。

ぬめりがとれたら、後は沸騰したお湯へ入れ7・8分ゆでたら完成です。

タコのゆで方はタコの大きさにもよりますが、一般的にはタコ全体が
真っ赤になったら完成です。

また、タコのさばき方も知る必要があります。

食べ方により切り方も変わるのですが、多くはお刺身やタコしゃぶ
たこ焼きなどに使うのが一般的かと思われます。

刺身やタコしゃぶの場合はタコの皮や吸盤部分は切り取ります。

皮や吸盤は噛み切りにくいためです。

あとは、のこった足の白い身の部分を薄く切れば完成です。

タコ焼き用は小さく切るため皮や吸盤はそのままでも問題ありません。


これさえしっておけば、生のタコが手に入ったときでも迷うことなく
タコを調理することができますね。

しかし、説明したとおりタコの調理は意外と手間がかかります。

解凍するだけで簡単にタコの刺身が食べたいひとや
すぐにでもタコ料理に使えるものが欲しいという方は
こちらの大タコ薄切りスライスが使いやすく便利ですよ。



カテゴリ : タコ最新情報
2010-08-10(Tue) | トラックバック : 0 | コメント : 0

タコ料理に使うための生たこのゆで方!美味しく作るコツ! 

たこ料理を作る際に大事になるのが下ごしらえです。

たこは魚介類ですが、ほかに似たような形の食材がないため
下処理の仕方も独特です。
しかし、慣れてしまえば簡単ですので、この機会にぜひ覚えましょう!


まずは、たこのゆで方です。

生たこをゆでる前には、内臓をとる必要があります。
頭のように見える丸い部分が実は胴体で内臓がつまっています。
靴下を丸める様な要領で袋状の胴体をひっくり返します。

ひっくり返すと、内臓がでてくるので、きれいに取り除きます。

また、ゆでる前には、たこを塩もみします。
これは、たこの表面のぬめりを取る働きと身を軟かくする働きがあります。

たこに塩をまぶし、約20分ほど手もみをします。

根気が要る作業ですが、美味しく食べる為には大事なことです。

塩もみをした後、きれいに水洗いをし茹でていきます。

きれいにゆでるには、足の先だけを湯に漬けくるんとまるめてから
全体を湯に入れます。

約7~8分茹で、たこ全体が赤くなったら完成です。


タコは生ものですから、冷蔵保存ですと2~3日程しか鮮度が保てません。
ゆで終えたら、一本ごとにラップでつつみ冷凍保存しておくことで
2~3週間は美味しさが保てます。

ぜひ、生たこが手に入った方は試してみてくださいね。

また、すぐにでもスライスたこが食べたい方や
料理にすぐに使えるたこが手に入れたいと思った方はこちらが最適ですよ。



カテゴリ : タコ最新情報
2010-08-09(Mon) | トラックバック : 0 | コメント : 0

タコの足は低カロリー高タンパク質で栄養たっぷりで美容や健康にも効果的! 

タコの足は低カロリーで栄養が豊富に含まれていることを知っていますか?

また、低カロリーでありながら高タンパク質と美容にも最適な食品です。

健康を考える方にとっても最適な食品です。


タコには様々な栄養素が含まれていますが、
特に女性には注目してほしい食品です!

ゆでたタコの足のカロリーは100g99カロリーと低カロリーです。

さらに、タコは弾力があり歯ごたえがあります。消化吸収に時間がかかり、
腹もちがいいことと、弾力があるので、噛む回数が多くなり、
少ない量で満腹感を得るのでダイエットにとても効果的です。

また、タコは高タンパク質でコラーゲンも豊富に含まれているため、
お肌を若返られます。

また、心臓病によく効くとされているタウリンが豊富に含まれています。
タウリンは、余分なコレステロールや中性脂肪を減らすため
血液をサラサラにし動脈硬化を防ぐ働きをします。

タウリンはそれだけではなく、肝機能を活発にするため
アルコールの分解を促します。

さらに、糖尿病や貧血予防にも効果があるとされています。


バランスのよい食事は、健康な体を作ります。

健康的な食事にもお酒のつまみにも最適なタコがあります。

大タコをスライスしたタコは、解凍するだけで簡単に食べられます。

身のやわらかさと吸盤のコリコリとした食感もたまりませんね。



カテゴリ : タコ最新情報
2010-08-07(Sat) | トラックバック : 0 | コメント : 2

タコの旬と販売されているタコを見極めるコツ 

タコが販売されているのをスーパーにいくとよく見たことがあると思います。

しかし、タコの旬をみなさんは知っていますか?

タコの旬は夏から秋にかけてです。

特に、秋にはタコは太る時期だといわれています。

しかし、タコは一年を通して取ることも可能です。


皆さんも、スーパーにいくとよくタコが販売されているのを
見たことがあると思います。

このとき、売られているほとんどのタコが茹でたものです。
生のタコは食べるのがむずかしとされているからです。

ゆでてあるものですと、買ってすぐにでも食べることができますからね。


そこで、茹でてはあるのですが、選ぶ時はタコの鮮度を見極めることが
必要です。

タコのパックの中に水分がもれてないかと、色つやを注意してみます。

これは、茹であがったタコはきれいな赤色をしています。

しかし、時間が経つとタコから水分がでてきて、色も少し白くなってきて
タコの皮の部分がしわしわになってしまいます。

ですから、なるべく鮮度の良いものを見分けて買いましょう!


見極めるのが難しそうと考えている方もいるでしょう。

また、タコは手に入れても、食べる用に処理することが面倒だと
思っている方もいるでしょう。

そんな方は最初から新鮮なタコをゆでてあり、
すでに薄くスライスされているこのタコが簡単ですよ。

解凍するだけで簡単に食べることができますね。



カテゴリ : タコ最新情報
2010-08-06(Fri)

タコ飯やタコパスタなどタコの調理法はいろいろ! 

タコの調理方法は意外と多くありますね。

タコ飯やタコパスタ、タコの刺身にタコ焼きと
世の中には様々なタコの調理方法があります。

今回は、簡単炊き込むだけのタコ飯を特集します。


タコ飯といっても、その地方によりつくり方がさまざまあるものです。

そのなかでも、一般的な作り方を説明したいと思います。

タコ飯はタコを使った炊き込みごはんです。

材料は、タコと米、昆布、醤油、しょうが、日本酒、みりんです。

まず、米は研いでおき、タコは食べやすいように薄く切っておきましょう。
しょうがは千切りにします。

研いだ米を炊飯器に入れ、昆布・醤油・日本酒・みりんで作っただし汁を加え
その上に切ったタコ・しょうがを入れ炊き上げます。

炊き上がったら後はお好みで、刻んだ大葉をのせたりして食べます。

時間もかからず、簡単に出来ると思います。

タコ飯のみならず、今度はタコパスタにも挑戦したいですね。


タコは心臓病に効果があると、昔からいわれてきました。

実際、タコに多く含まれるタウリンには、
コレステロール値や血糖値を下げたり、肝臓や心臓の機能を
助ける働きがあることが、証明されています。

健康を気にする方には是非食べて頂きたい食材です。



カテゴリ : タコ最新情報
2010-08-05(Thu) | トラックバック : 0 | コメント : 0

タコは超ヘルシー食材♪カロリーを気にせずたくさん食べられます。 

たこのカロリーは100gあたり約70キロカロリーと、

とてもヘルシーな食材です。

栄養も満点でとても健康に良いし、生臭さもないので魚介類が苦手な方でも

気軽に召し上がることができるのではないでしょうか。


ヘルシーなたこをたくさん食べるなら八戸の大タコでしょう。
極太の天然大タコスライス



青森県の八戸沖は、たこのエサとなる貝類や小魚が多いので、

大きく育ちます。

大きなものは20kgを軽く超えます。

タコの足だけでもなんと1kgにもなるのです。


刺身としてもおいしくいただけますが、いろいろなお料理にも大活躍します。

たくさんあるので、いろいろ活用してくださいね。


しかも低カロリーで体にも良いので、たくさん食べても大丈夫。

ボリュームたっぷりの大タコスライスなら、お腹一杯で大満足ですね!

カテゴリ : たこ刺し情報
2010-08-03(Tue) | トラックバック : 0 | コメント : 0

こってり料理の後に食べたくなるタコときゅうりの酢の物 

肉料理や揚げ物など脂っこいものやこってりした料理を食べると、
やはりさっぱりとしたものが食べたくなりますよね。

そこで、今回は簡単に作れるたこときゅうりの酢の物のレシピです。


まず、茹でたタコを薄切りにします。
胡瓜も同じように薄く輪切りにするのですが、その前に下処理をします。



一般的に、きゅうりは下ごしらえとして板ずりをします。

まな板にきゅうりを置き塩を振りかけ、まな板にすりつけるようにして
きゅうりを転がします。

その後、水できれいに洗い流します。
こうすることで、きゅうりの表面のいぼがとれ、色もあざやかになります。


そして、たこときゅうりの他にしょうがやみょうがといった食材を
千切りのように細かく切って和えます。

あとは、砂糖・塩・酢・醤油で作った合わせ酢と
たこ・きゅうり・しょうがを混ぜ合わせれば完成です。


さっぱりとした味。
タコのやわらかい食感ときゅうりのシャキシャキ感。

これは、たまらない一品ですね。

また、酢の物として合う食材としてわかめもあります。
お好みに合わせて加えることで、より一層美味しくなりますよ。

カテゴリ : たこ刺し情報
2010-08-02(Mon) | トラックバック : 0 | コメント : 0

タコは旨い・ヘルシー・美容に効果的な女性必見の食材です。 

みなさんは、健康を維持するために必要な栄養が豊富に含まれており、
さらに低カロリー高タンパク質でお肌にも良いという食材を知っていますか?

それがなんと、タコなんです!!

そこで今回は生や茹でたタコを上手にさばいて美味しい刺身を食べましょう!


まず、スーパーなどで売っているタコのほとんどはゆでダコです。
なぜなら、生のタコは調理が大変だからです。

万が一生のタコが手に入った時の為に、生のタコの調理方法を
一緒に勉強しましょう!
極太の天然大タコスライス


まず、生のタコの足を一本切り離します。
吸盤の後ろの柔らかい皮の部分に切れ目をいれます。

皮と身の間に包丁を入れて皮を剥がしていくのですが、
皮を切り取るのではなく、横にそぎ落とすようにして剥がしていきます。
このとき、刃は立てます。

なるべく包丁は切れ味の良いものにしましょう。
タコの表面はぬるぬるしており、とても切りにくいためです。


すると、白い身の部分だけになるので、あとはその部分を刺身用に
食べやすい大きさに切れば完成です。

生のタコもコリコリとした食感がたまらないのですが、
ゆでたタコもゆでることにより柔らかくなり格別です。

茹でたタコの方がぬるぬるがなくなりさばきやすくなります。



タコの茹で方は、まずタコの下準備から始まります。

頭のように見える内臓部分の袋を靴下を裏返すようにひっくり返し、
内臓を取り除きます。

内臓を取り除いたら、タコの塩も身をします。
塩もみをすることで、表面のヌルヌルがなくなりタコがやわらかくなります。

約20分塩もみをし、水でよく洗い流して茹でていきます。

タコの大きさやお好みの固さにもよりますが、
タコの表面が真っ赤になるくらい(約7・8分)ゆでると完成です。



これで、タコが手に入ったときでも簡単にお刺身を食べることができますね。

また、タコに含まれるタウリンには肝機能を助ける働きもあるので
お酒のつまみとしても最適ですね。

いまは、スライスしたまま冷凍されていて、解凍するだけで簡単に食べれる
商品もあるんですね。
極太の天然大タコスライス



カテゴリ : タコ最新情報
2010-08-01(Sun) | トラックバック : 0 | コメント : 0
検索フォーム 
月別アーカイブ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。